スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェリーとの思い出

今日はママの徒然日記となってます。
お時間のある方、お付き合い下さいませ♪

昨晩。
あずきちゃん家のブログを読んでて、虹の橋に行ってしまった愛犬達に
手紙を書こうという番組の動画が貼られてあったので、見てみました。
ご想像通り、涙を流しながら視聴したわけですが(笑)
その動画を見ながら、あるワンコのことを思い出しておりました・・・。

今からもう10年以上前のことです。
父が勤務する会社の社宅(一軒屋が4軒連なって建ってました)に住んでた私。
2軒隣の父の同僚、Oさんと父は大の仲良しで、うちと家族ぐるみのお付き合いでした。
Oさんは独身で、『ジェリー』という名のゴールデンレトリバーの女の子と暮らしてました。

Oさんは一人暮らし。
夏休みなどの長期休暇の時は、Oさんは決まって1週間ほど沖縄へ
ダイビング旅行に出かけます。その旅行中、私達家族がジェリーのお世話をしていました。
母がワンコが苦手なので、我が家で預かることは出来ませんでしたが、父と私が交代で
ジェリーの様子をOさん宅へ見に行ってました。
(鍵を預かるほどOさんとは信頼関係があります)

ジェリーは今思えば、楽々とは比べ物にならないほど、とっても賢い子でした。
なんて言うんだろう。。。人にとても忠実というか。きっと性格もあるんだろうけど。
呼び戻しやお座りや伏せなど、誰がしつけたわけでもなく、また私が飼い主でもないのに
Oさんに代わってお散歩に行った時、誰もいない広場でノーリードにしても、名前を呼べば
どれだけ遠くにいても必ず戻ってきたし、お散歩でもリードは絶対引っ張らなかったし、
嬉しいからって絶対飛びついては来なかったし、チャイムの音で大騒ぎすることもなかった。
ただ、人に合わせて、人に寄り添ってくれてた・・・今では本当にそう思う。

なのに。

ジェリーは我が家の犬ではなかったということ、犬を飼ったことがない若かった私は、
ジェリーの気持ちを無視してほとんど遊んであげなかった。
義務のように時々様子を見に行って、散歩に連れてって、ご飯をあげるだけ。

きっと、Oさんが旅行でいない間なんか、誰かに構って欲しくて仕方がなかったと思う。
1日の大半をただひとり、文句も言わず部屋で過ごしてたジェリー。

もっと、一緒に遊んであげれば良かった。
もっと、関わってあげれば良かった。
もっと、撫でてあげれば良かった。
もっと、長い時間一緒に過ごしてあげれば良かった。

ジェリー、享年7歳。
長い年月を経て、楽々と生活を共にするようになってから、あの頃のジェリーの気持ちを
思うと・・・。ジェリーへの後悔の念が尽きません。

ジェリー。
あなたがいなくなってもう10年以上経つけど、あなたのこと、ずっと忘れません。
こんな私に向けてくれた笑顔、大きなお尻、人に寄り添う優しい心。
今更遅いかもしれないけど。
ジェリー、心からごめんね。大好きだよ。

このブログを書きながらまた涙が止まりませんが。
ジェリーを思い出させてくれた楽々にも感謝です。

やっぱりワンコって奥深い。
ていうか、ワンコってすごい。こんなにも優しい気持ちにさせてくれる。
ジェリーの分まで、楽々を愛そうと思います。
あの時と同じ後悔を繰り返すことが絶対にないように。。。

 140823_2024+010001_convert_20140907104829.jpg

 140823_2024+020002_convert_20140907104905.jpg

パパと遊んでご機嫌ちゃんな娘♥
この笑顔を、是が非でも守っていきたいと思います☆.。.:*・



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ←改めて『犬バカ』だと悟ったママへ応援のポチを・・・(-人-)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。